プロフィール

穂田

Author:穂田
 
僕は穂田と申します。

サドンアタックが好きです。
よろしくお願いします(^舌^ )

ツイッターもよろしく!
@hodanaru

サドン日記まとめ

サドン日記まとめ 【前期】
サドン日記まとめ 【後期】
サドン日記まとめ 【第三期】
穂田のペーパー日記
【番外編】穂田の雑記まとめ

(↑今までの日記まとめ)

最新記事

カテゴリ

最近のコメント

2011年~2017年

検索フォーム

リンク集

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サドンアタック
57位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

サドン日記
どうも穂田です。これはサドンアタックでの戦いの日々を書いたブログです!!
モモの後日
2014年の9月を境に、モモからの連絡がパタッと途絶えた・・・


それまで頻繁にSAやL4D2で遊んでいたのに、突然、何の連絡も取れなくなった。
LINEで連絡をしても「既読」がつかねェ。スカイプでメッセージを送っても返信なし。

こんなに突然、音沙汰なしになるのァ妙だ。かつてのイロハス失踪事件にも似た状況・・・

モモに何かあったのか・・・?と心配していると、スカイプでこんなメッセージが届いた
frrdbassswe.jpg
↑モモのリア友のフロリダバスからだ。「モモは悪い事してどこかに連れていかれた」・・・!?

何だってんだ。モモはそんなに悪い奴だってのか?確かに、アカウントを奪ったりよ、
荒らしたり、喧嘩したり、ネットでは悪いことしているけど、リアルでは大人しい奴だろ

・・・と、当時の僕は思っていた。まさかSA民=リアルヤンキーだとは思っていなかった頃さ。

フロリダバスは「ハルヤが復活した」とも言ってたな。3年ぶりにハルヤ君とチャットしてみた
hrys1.jpg hrys2.jpg
↑まさかこんな形で、元レガメファミリーのハルヤが「サドン日記」に5年ぶりに再登場か
ハルヤもフロリダバスのリア友。モモについて聞いてみたが、有力な情報は得られず・・・。

モモと連絡が取れねェまま数ヶ月が過ぎ、年が明け2015年の3月のある日・・・
いきなりモモから「おひさしぶり!!!」と連絡が来た。僕はホッと一安心した

今まで連絡が取れなかったのァ、スマホが没収されていたからだろうと思った。しかし、、、
moosadfooosdafoaoo.jpg

sni2231.jpg
僕は絶句した。少年院・・・だと・・・。やはりそうだったのか・・・。しかも暴力事件って・・・

この事件は愛知県の大ニュースだったらしい。この6人の加害者のうちの一人がモモ。
その後、モモたちはカラオケで遊んでいると、警察が入ってきて、逮捕されたんだとか

少年院に入っていたモモは半年で出てきた。そして半年ぶりにモモと僕は一緒にSAをした

「I-chan.com」のアカウントは・・・「ワンタイムパスワード」を紛失して、もう一生ログインできねェようだ。

少年院を出てからのモモは、どうもグレちまってよ、高校もすぐ辞めちまって、酒にタバコ、
金髪に染め、どんどん変貌していったんだ。闇に堕ちて行った。あの頃のモモはもう居ない

モモはそんな自分自身を見つめ、悲しくなったのか、LINEのタイムラインにこんなことを書いた。
reuhhhhasd1123412.jpg
↑そんなに苦しむくらいならヤンキー活動を辞めちまえ・・・・なんて言ってやりてェが、
グレた経験のない僕なんかが、上から何を言っても、彼からすれば浅はかな言葉だろう

でも僕は思う。もし僕が日頃から【クラウティーン論】を彼に語ってあげていれば、
彼は闇堕ちせずに済んだかも・・・と。「クラウティーン」という正しい生き方を彼に・・・。

モモは今、闇の中に居る。最近はバイクに危険な乗り方をして頻繁に事故を起こしまくっている。
mmdsgf122222fa.jpg
どうして・・・・どうしてクラウティーンのように生きられないんだァァァァァ

僕はヤンキーっぽさのない奴をレガメファミリーにしてきたつもりだが、皮肉にも、
僕が最も可愛がったモモが、最もヤンキーだった。弟のように愛したモモがあんなにグレるとは・・・

モモ・・・君は覚えているか?中学時代、フロリダバスとカラオケに行った日のことを・・・。

↑君の真の友達はこの男だ。フロリダバスだ。フロリダバスという友を大事にしろ・・・弟よ・・・。

フロリダバスは今、「荒らし」から足を洗って、大人しくCS:GOをやっている。改心していた。
フロリダバスはクラウティーンルートに路線変更することが出来たんだ。モモにも出来るさ

人は年を重ねるごとに、ヤンキーを卒業し、クラウティーンになる。だからモモもいつか・・・

君もいつか闇を抜け出し、クラウティーンルートに路線変更し、マジメに、力強く生きて欲しい。
それが兄としての僕の「願い事」にも近い想いだ。僕にとって、君は間違いなく天使なのですよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hodaberu.blog50.fc2.com/tb.php/934-e31c5f51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)