プロフィール

穂田

Author:穂田
 
僕は穂田と申します。

サドンアタックが好きです。
よろしくお願いします(^舌^ )

ツイッターもよろしく!
@hodanaru

サドン日記まとめ

サドン日記まとめ 【前期】
サドン日記まとめ 【後期】
サドン日記まとめ 【第三期】
穂田のペーパー日記
【番外編】穂田の雑記まとめ

(↑今までの日記まとめ)

最新記事

カテゴリ

最近のコメント

2011年~2017年

検索フォーム

リンク集

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サドンアタック
57位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

サドン日記
どうも穂田です。これはサドンアタックでの戦いの日々を書いたブログです!!
DKいろはす ⑩ ~大うそつき編~
どうも、僕です。


2014年3月。イロハスは東京に居た。僕と会って秋葉原で遊んだ。
道中、乗り継ぎの多い電車の中で、二人でこんな会話を交わした。

僕が「東京どう?」と聞く。彼は「路線が覚えられないから住みたくない」

その数ヵ月後に彼は失踪し音信不通。同年11月にSAの中で彼と再会。
sinjanoooo1.jpg sinjanoasdfjask222222.jpg
東京に住みたくないイロハスが東京に移住・・・?とこの時は疑問に思ったが、
全くの大嘘で、彼は自宅に引きこもっていた。彼は「神楽に謝罪したい」と言い、

「神楽vsイロハス」が勃発。この後、彼はスカイプにインしなくなり再び音信不通に。

神楽はバイト先の仲間としての立場から、イロハスに厳しいことを言い、
イロハスは神楽に対しては謝罪した。でもそれ以前に忘れちゃいけないのは、

被害者の女性のこと・・・。本来は警察に捕まり、罰せられ、反省し、罪を償うが、
しかしイロハスは警察から逃げ切った。この"バッグ強奪事件"は闇に消えた・・・。
201dsfasdfa.jpg
そしてイロハスは神楽とのVC後にまた逃亡。その後もイロハスの目撃情報はあれど、
もうどうでもよかった。神楽も怒りを通り越してあきれていた。月日だけが過ぎていった。



時は流れ2015年8月。SAに再燃した神楽は、イロハスを自分のクランに誘った。
dkp1.jpg
時間が経ち、怒りも失せたのだろう。神楽とイロハスのわだかまりは雪解けをした。

イロハスとの連絡が取れなかった2014年11月~2015年8月までの間・・・、
イロハスはずっとSAをしていたそうだ。毎日のようにクラン戦をしていたと。

その時代の動画は、YouTubeのイロハスのチャンネルにアップされている。



クラン戦をしまくり、経験を積みまくったイロハスは、神楽以上の実力者になっていた。

だから彼のキャラもかなり激変していた。昔は足手まといでザコ扱いされていた彼だが、
しかし今は、逆にイロハスが周りの人をザコ扱いをする。そういう立場になっていたのだ。

イロハスは嫌われるようになった。クリス・レッドは、イロハスが嫌でSAから一時期遠ざかった。

irhh1.jpg irhh2.jpg
多くの人がイロハスを嫌うようになった。それに加え、昔は仲が良かったモモでさえ・・・。

シリーズ⑦回では仲良くしていたイロハスとモモ。そんな二人も今は険悪なムードだ。
イロハスが罪を犯した上に、嘘をつきまくっている。そんなイロハスをモモはあざけった。

声変わりをしたモモが、イロハスの「もう携帯を持ってない」という大嘘に対して追及した。

イロハスよ、僕からも言わせてくれ。お前言ってたな?携帯が無いからLINEができなかったと。
決して神楽やそのバイト先の人たちをブロックしたのではない、って・・・虚言もいい加減にしろ

東京でも遊んだ仲だが、お前の大ウソツキっぷりにはウンザリさ。息を吐くように嘘をつきやがって

その後、イロハスはモモにこんな長文のチャットを送った。ウソツキの言うことに信憑性などないが、
iroafdasgf22.jpg iroafdasgf2223.jpg
↑これが窃盗事件の真相のようだ。どこが真実で、どこが嘘なのか、それは僕もわからない。


・・・以上。これがイロハスによる非道な窃盗事件の全貌だ。

そして今、彼のツイッターを覗いてみると、平和な日常がつぶやかれている。
カラオケで歌っている。絵の才能もあるらしい。新しいバイト先も見つけたらしい。
16214d.jpg 16215ddfssdfa.jpg
彼は多才だ。何だって出来る。SAも上手い。強く生きて、しっかりやり直してほしい。

だがしかし、罪を犯したのは事実だ。罪は消えない。真実を残したい。
だから僕は今回この「DKいろはすシリーズ」を書かせていただきました。


イロハスは今日もどこかで、嘘をつきながら、この冷たい町の風に歌い続けています
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hodaberu.blog50.fc2.com/tb.php/896-d206ec31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)