プロフィール

穂田

Author:穂田
 
僕は穂田と申します。

サドンアタックが好きです。
よろしくお願いします(^舌^ )

ツイッターもよろしく!
@hodanaru

サドン日記まとめ

サドン日記まとめ 【前期】
サドン日記まとめ 【後期】
サドン日記まとめ 【第三期】
穂田のペーパー日記
【番外編】穂田の雑記まとめ

(↑今までの日記まとめ)

最新記事

カテゴリ

最近のコメント

2011年~2017年

検索フォーム

リンク集

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サドンアタック
57位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

サドン日記
どうも穂田です。これはサドンアタックでの戦いの日々を書いたブログです!!
クラウティーンだよ人生は。
昨日、クラウティーンとまたCSO2をプレイしてきました。

赤ピンが無ェとのびのびとプレイできて楽しいです。SAもこうなってくれ~

そしてクラウティーンのセンスに驚かされました。やはりトリプルスリー。
SA民ながらも、すぐにCSO2での戦い方に適応していました。能力が高ェ

↑これは数日前のものになりますが、CSO2でボット撃ちをした時の動画です。
クラウティーンの環境の変化に合わせる力は強大です。誰よりも持っています



どうも穂田です。


人 生 は 「 ク ラ ウ テ ィ ー ン 」 で あ る べ き で す 。


・・・という格言があります。どういう意味かはこの記事を読めばわかります。

テレビを観ていたら、ある専門家がこんなことを言っていました。

競走する時、人は2パターンに分かれる。順位を気にする人と、過去と比較する人
専門家によると、順位を気にする人より、過去と比較する人の方が成長するらしい。
f435636fas.jpg
テレビを観ながら僕は『これってばクラウティーンのことだ!』と叫びました

まさにクラウティーンは、自分の過去と比較する人

だって、彼がブログに書いているウェアハウスの事って、キル数の順位はどうでもよくて、
その日のエイムの良し悪しを重要視しています。以前より当たったか、当たらなかったか

一方、順位を気にする人は・・・・長続きしないようだ・・・。ンマー・・・心当たりは・・・ある。


・・・ここでクラウティーンのプレイ動画を観てみよう。これが彼の日常の野良なのだろう



こういう動画を投稿してるのは、彼が最初から順位を眼中に入れていねェからこそさ。
大量にキルを稼ぐようなプレイ動画もいい。が、順位を気にしねェプレイ動画も好きだ

・・・僕ァ、100回やって1回撮れるようなプレイ動画を今までいくらでもアップしてきた

僕の投稿したプレイ動画を観て、「上手い」と思ってくれる方も大勢いた。だけどそれは・・・
うまいこと噛み合ってキルを稼げた動画だけを投稿していたからだ。ハリボテはいつかバレる。

だから、これからは僕も、クラウティーンにならって、普段の日常のプレイをさらしていこう

↑いつもPataと、クランメンバーが集まるまでインディウェイでウォーミングアップしていました。
他人に見せられるようなプレイではねェが、こうやって無心でエイム練習することが日常です

・・・ところで話は逸れるが、改めて気づいた。Pataの発言すべてがパワープラントのアルムンと同じだ
「マグレだろ」「歩きながら撃ってくる」「頭ふいた」「俺(のキル)じゃないの!?」「俺らが1位と2位独占してる」


ちなみに、クラウティーンがインディウェイに青チーム側で参戦することもありました。
しかし、彼にも思うところがあったようで、その本音をブログにて語ってくれていました。
dfsafaj45363.jpg
↑つまりは、キル数の順位に意味はないってことを彼はわかっているのでしょう。
大正解です。驚くことに、クラウティーンのやる事なす事すべてが正解なんです

この僕が、SAの専門家として発表しましょう。SAをする時、人は2パターンに分かれます。
KDや順位を気にする人と、自分の過去と比較する人、どっちが成長できるか。答えは・・・、

答えはもちろん「クラウティーン」です。クラウティーンを見れば明らかなことですから

生き方の正解・・・それが「クラウティーン」です。「クラウティーン」とは、正解を選び続ける事。
だから人生は「クラウティーン」であるべきです。誰もが目指すよ、「クラウティーン」への旅だよ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hodaberu.blog50.fc2.com/tb.php/1010-ff12974f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)