プロフィール

穂田

Author:穂田
 
僕は穂田と申します。

サドンアタックが好きです。
よろしくお願いします(^舌^ )

ツイッターもよろしく!
@hodanaru

サドン日記まとめ

サドン日記まとめ 【前期】
サドン日記まとめ 【後期】
サドン日記まとめ 【第三期】
穂田のペーパー日記
【番外編】穂田の雑記まとめ

(↑今までの日記まとめ)

最新記事

カテゴリ

最近のコメント

2011年~2017年

検索フォーム

リンク集

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
3775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
サドンアタック
57位
アクセスランキングを見る>>

アクセスカウンター

サドン日記
どうも穂田です。これはサドンアタックでの戦いの日々を書いたブログです!!
閃光のG
ゴキブリとの遭遇は、常にSudden(サドン) Attack(アタック)である。 by穂田



どうも、穂田です。

今回の記事は汚ェ内容かも知れねェ。読みてェ人だけ読んでくれ





はぁ・・・やっと夏が去ったな・・・

僕は・・・、夏という季節が近づくにつれ憂鬱になり、そして夏が去れば一安心。
毎年そうさ。僕にとって夏は恐怖の季節。夏なんかもう来ないで・・・といつも思う。

僕という男は、情けねェことにが大の苦手だからね。夏は生き地獄よ。虫だらけ
trerhs45.jpg
↑ヘルバインは語った。アルムンをゴキブリ扱いし、「ゴキブリが好きな奴いねーよ」と。
それに対してアルムンは反論した。「自分がゴキブリだからって人も一緒にするなよな」

アルムンvsヘルバインという名喧嘩の中でも飛び出るほど脅威な言葉・・・
名前を見るだけでグロテスクな存在・・・そう、虫の中でも最強の恐怖・・・それは、

ゴキブリだ。ああ怖ろしい・・・そんなゴキブリの楽園と言えば・・・・夏の東京

↑見ろよ、YouTuberヒカキンの超高級マンションにすら巨大ゴキブリが何度も現れるんだ。
庶民の僕らがどうやってゴキブリの恐怖から逃れられるってんだい?どこに逃げ場がある?

夏・・・そして都内・・・その時点でもう、逃げ場はない。

戸締りを厳重にしても無意味。奴らはどこからでも家に侵入できる能力を持っているんだ

今年の夏・・・僕の家にも3回、ゴキブリが出た。ゴキブリと遭遇した時の絶望感ったら、
何つーか・・・・こんなに対策しまくっても無駄だったのか・・・と打ちひしがれる絶望感よ。

全てを投げ捨てたくなる、ガチの絶望さ。全てを捨ててどこか遠いところへ行きたくなる。

虫が苦手な人は皆、日々、ゴキブリの侵略に怯えて、夜も眠れねェ。毎日、悪夢を見る

↑この動画の3:39~を見てくれ。・・・ん?この画面、どこかで見たな・・・。右手に銃を持ち・・・


↑この動画の2:18~も見覚えのある感覚だ。お馴染みと言うか・・・あ!思い出した!これFPSじゃん!

ヒカキンの動画を観て、僕は希望を貰えたよ。そっか!ゴキブリとの戦い=サドンアタックなんだ!
サドンアタックなら得意じゃん!・・・と言うことで、SAの経験から得た7つの大事なことをまとめよう

①まずはクリアリング。床、壁、天井、隙間。敵はどこかに隠れている。常にクリアリングは欠かさない。

②敵を先に発見した場合、大事なのは無音移動(ゴーストステップ)。敵に気づかれないように背後から狙う。

③敵の足音を聞こう。カサカサカサカサ....

④敵はチートを使う。空を飛ぶチート、壁をすり抜けるバグ利用、加速チートなど。閃光のごとく足が速い。

⑤次に大事なのは武器。武器は様々あるが、例えばキンチョールのような殺虫スプレーは・・・ゴミ武器だ。
SAで言えばP90のようなゴミ武器だ。噴射すれば確かに敵にダメージは与えられるが、まるで赤ピンみてェに、
効かせるまでにラグがある。敵を即死させられないのはゴミだ。オーバーキルできるほどの強い武器を買え。
敵を即死させる武器と言えば近接武器が一番だ。例えばティッシュの箱。ティッシュの箱で全力で叩き殺す。

⑥敵はHPが多い。かたい。しっかりエイムして一発で仕留めなければハンショの状態でも敵は逃げてしまう。

⑦対策を考える。マップの形状を研究する。なぜ敵の侵攻を止められなかったのか、一戦ごとに振り返る。




ありがとうヒカキン。僕に勇気をくれて。・・・・これからは突然ゴキブリに遭遇しても慌てないよ。
だって僕はサドンアタックでそういう戦いを何度も経験してきたんだから。冷静にキルしてみせる

クリス・レッドにも伝えたい。ゴキブリ退治とは、サドンアタックである・・・と。
SAがゴキブリ退治の練習になるし、ゴキブリ退治がSAの練習にもなるんだ

最近、僕がブログの更新が遅れたのは、暇がなかったのもあるが、修行の旅に出ていたからだ。
夏の恐怖に打ち勝つために、精神力を鍛えるために、僕は自然の中で生きてこようと、旅に出た。

そうしてこの恐怖の夏を乗り切ったのだ。その旅の模様についてァ、次の記事で語ることにしよう
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://hodaberu.blog50.fc2.com/tb.php/1001-d6429dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)